AGA治療について徹底解明

プロペシアにもジェネリックが登場?安くAGA治療できる?

AGAの治療をしたい! でも、お金がない・・・ という方は意外にも多いのではないでしょうか。 そう、AGAは現在、保険の適応がされないもの。 よって、AGA治療として処方される薬についても、国で決められた薬価が無いことから、薬の販売価格は医療機関や医師協会で決められた価格で処方され、比較的安い費用でAGA治療を行うことができるとして、利用者も多い一般病院でも、月に8000円から15000円ほどは治療費としての自己負担が必要です。

またAGA治療薬は、効果を維持し続けるために毎日、決められた時間に決められた薬、決められた量を服用する必要があり、薬の服用を止めてしまえばもちろん、効果はなくなりAGAの症状は進行していきます。

そんなことからも、一度AGA治療を始めた方の中には、治療は続けたいが、金銭的な面で諦めるしか無い・・・と、AGA治療を途中で断念してた方も多くいます。

ですが、そんな方にも朗報です!

今まで決められた薬価がなく、毎月の費用が高額であるという金銭的な面から続けるのが困難・難しいと感じていた方、途中で挫折してしまった方でも、もっと安く、それでいて効果は期待できる薬、ジェネリック医薬品としてプロペシアが発売されることになりましたよ!!

やった!! それならこれからは、少し負担も減らせて楽に治療ができる!! と喜んでみたものの、ジェネリック医薬品って何のこと? と疑問を抱いた方もいると思うので、簡単にジェネリック医薬品について説明すると・・・

ジェネリック医薬品とは?

少しAGAの話から外れてしまいますが、病院で処方される薬には「新薬」と「ジェネリック医薬品」の2種類があることはご存じですか?

簡単に2種類の違いを説明すると・・・

「新薬」とは、疾患に対して日本で最初に発売された薬のことで先発医薬品とも呼ばれているものです。これら新薬は、開発したメーカーが特許を出願後、20年から25年間は独自的な製造・販売について厚生労働省によって許可されており、その間は開発メーカー以外、類似薬などは一切製造・販売できないようになっています。

「ジェネリック医薬品」は、そんな新薬の特許期間が満了したあと、新たに別のメーカーにより開発、製造、販売された薬のことで、これらも厚生労働省からの承認は得て販売される薬。 また、ジェネリック医薬品は新薬に比べ、安い価格で処方することが出来る薬でもあります。 

””新薬より安い””と聞くと嬉しい半面、効果は問題ないのか?と、心配になってしまいますが、その心配は無用! 新薬と同じ有効成分、または同等の効き目がある成分を配合し作られているので大丈夫、心配の必要はないようです。 

なぜジェネリック医薬品は新薬より安い?

では、なぜジェネリック医薬品は新薬より安いのか気になりませんか? 

通常、新薬は、1つの薬を開発・製造・販売できるまでにかかる費用として、約150億円から200億円が必要といわれています。 

150億円から200億円!!?? そんなに高額なの?? 金額を聞いて、そのあまりの高さに訳が分からなくなってしまいそうですが、それもそのはず。 新薬は1つを開発するのに、平均6000もの化合物を使って様々な実験を行い、最終的に1つに絞られたものが新薬として選ばれ販売されます。 

ということは、単純に6000分の1の確率でしか新薬は生まれないということになりますね。 6000分の1の確率??と、再び驚いてしまいましたが、実は6000分の1でも開発が成功すればまだ良い方。なかには、どんなに実験を繰り返しても新薬の開発成功にまでは至らなかったというケースも多くあり、多額の費用を開発費に投入しても実にならないことも多くあるようです。

このように、1つの新薬を開発するまでには多額の費用が必要となってくることは分かりました。ではなぜ、ジェネリック医薬品は、新薬より安く処方できるのか。 

その理由は、簡単。 ジェネリック医薬品は新薬に比べ開発費を大幅に削減することができるから。 新薬は、何も情報のない状態から様々な化合物を使い実験を繰り返す中でできた薬、よって多額の開発費が必要となっていましたが、ジェネリック医薬品は、元としてある新薬に配合されている成分などを開発前に知ることが出来、必要となる有効成分の配合を調整するだけで完成。 数多くある化合物を使った気が遠くなるほどの実験の必要が無いことから、開発費を定額で抑えることが出来る分、安く提供できるようになるのです。

ちょっとAGAからの脱線話が長くなってしまいましたが・・・ このように、新薬より安く、それでいて有効成分・効果はほぼ一緒。それがジェネリック医薬品。 そんなジェネリック医薬品として販売され始めたのAGA治療薬 プロペシア。

プロペシアのジェネリック医薬品については、国内のメーカー、海外メーカーが製造販売しているものとがありますが、ここでは認可がおり、安心、安全で、安い人気のあるジェネルック医薬品をいくつか紹介。

フィナステリド錠「ファイザー」

この商品フィナステリド錠「ファイザー」は、2015年4月に世界売上1位とされるアメリカの製薬会社「ファイザー」が発売開始をしたプロペシアのジェネリック医薬品。 厚生労働省の認可も得ているジェネリック医薬品です。

商品には、フィナステリドを0.2mg配合の商品と、1mg配合の商品とがあり、どちらも新薬より安く処方・販売。 新薬からこの商品に変更した場合、1ヶ月服用で約1500円程の価格差が期待でき利用者も多くいます。

フィナステリド「サワイ」

こちらの商品は、2016年2月 新たに製造販売承諾を取得したジェネリック医薬品。製造・販売元はジェネリック医薬品の販売で多くの方に名が知られる 沢井製薬株式会社。

フィナステリド1mg配合の「フィナステリド錠1mg」」とフィナステリド0.2mgを配合した「フィナステリド0・2mg」の2商品があり、どちらも、水で服用できる錠剤タイプとなっています。

フィナステリド錠「クラシエ」

この商品も2016年2月に承認を受け、同4月に発売されたジェネリック医薬品。 厚生労働省より認可された大興製薬株式会社のジェネリック医薬品5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬 男性型脱毛症用薬を、債務超過で経営危機に陥った旧カネボウ株式会社の事業から、医薬品、日用品、食品事業を承諾したクラシエ(クラシエホールディングス株式会社)が販売したもの。

こちらの商品も、フィナステリド0.2mgタイプと1mgタイプの2種類があり、他のものと同様、水での服用が可能です。

このように、ジェネリック医薬品も年々追加販売されていくことで、安くそれでいて確実に毛の後退を遅らせることが出来るようになってきました。

今まで、AGA治療はしたいけど金銭面で続けていけないから・・・と諦めていた方! これを期にAGA治療を始めてみませんか。

この記事を読む

AGAは進行する?早期発見・早期治療が大切な理由とは?

最近、妙に抜け毛が多いような気が・・・と、髪の抜け毛が気になりだした方、注意してください。 AGAは一旦、症状が現れ始めるとそのスピードは早く感じられ、何の対策もしていないと、アレヨアレヨというまに毛の後退・薄毛が進んでいってしまうことがありますよ。
 

なんとかしなくては!! と思いながらも、なかなか重い腰を上げられない方のために、ここでは、AGAの早期発見・早期治療がいかに大事なことなのかを解説していきたいと思います。

あなたも、コレを読んで、手遅れになることだけはさけてください。

AGAは進行します!

なぜ、AGAは早期発見・早期治療が大事かって?? 一番の理由は、AGAは進行していくものだから。 

AGAと同じような症状を持つ、抜け毛・薄毛・脱毛の場合でも、その原因が心身的ストレスや、ホルモンバランスの乱れなどであれば、それら抜け毛の原因となるものを排除することで、頭皮にはまた再び元気な髪が生え、抜け毛・薄毛も自然治癒していくことが可能です。

ですがAGAの場合、一旦症状が表れてくると、その後の自然治癒を望むことは難しく、症状は進行していくばかり。 AGAの進行に気付いた後は、どんなにもがいても、一度抜け落ちてしまった頭皮からは、植毛をしないかぎり新しく髪が生えてくるといったことはありません。

AGAの進行は早いの?

そんな、AGAの進行速度は、実は・・・決してそんなに早いものではないんです。 ん!? あれ?? なんだか最初に言っていたことと矛盾してない? と思われた方もいると思いますが、そうなんです。 AGAは、AGAの進行速度だけを見た場合、その速度には個人差があるものの、多くの場合、実はゆっくり進行していくもの。

では、なぜ、進行速度を早く感じる人が多いのか。 
それは、AGA自体の進行速度は元々はゆっくりでも、進行・毛の後退、抜け毛は止まること無く進み・・・自身がAGAだと気付く・自覚する時期には、進行がある程度進んでいるケースが多いから。多くの人の場合、気づくのが遅いからです。

AGA早期発見・早期治療が必要な理由は?

AGAが早期発見・早期治療を重要としている大きな理由の1つとして、育毛にかかる時間もあります。

育毛は、取り組み始めてから効果を感じられるようになるまでにどれくらいの時間が自必要となるか知っていますか? 答えは・・・ 個人差はあるものの、最低でも約3ヶ月は必要だと言われています。 そうです、3ヶ月!! 3ヶ月といえば=1クール、一つの季節が終わる長さです。

春の終わりに気づいたAGA、夏の間はAGAの治療に励み、やっと秋になり始めた頃、治療の効果を少し感じ始めることが出来た・・・ と、数字だけでは分かりにくいものも、季節を使って期間を表すと、効果を実感できるまでの3ヶ月がどれだけ長いかが分かります。
 

まだあります!AGAに早期発見・早期治療が必要なワケ

それ以外にもAGAが早期発見・早期治療が必要な理由としてあるのが、毛根の状態。

植毛や増毛といった、毛根の状態を気にせず行う事ができる施術治療法ならまだ良いのですが、育毛剤や国内で認可されているAGA治療薬、プロペシアやミノキシジルを服用して治療をしていくと決めた場合、これらは毛根自体が死んでしまっていては効果を望むことが出来ず、治療自体ができなくなってしまうケースもあります。

また、AGAに気付いたからといって慌てて治療を開始しても効果を実感できるまでに時間がかかることから、治療をしても暫くの間は抜け毛の量も変化しません。ですがそれがかえって精神的なストレス(治療をしても、抜け毛は減らない・・・治療をしているのに・・・)となり、ストレスによってAGAの進行をより早めてしまう可能性もあります。

と、このように、AGAには早期発見・早期治療が大事な理由がいくつかあります。 最近、抜け毛が多い気がする。頭皮のフケ・痒みが増えたような気がするといった方は要注意、自身のAGAを疑ったほうがよいかもしれません。 

AGAは早期発見・早期治療が大事。 気になる方はスグにチェック・検査するようにしてみてくださいね。

この記事を読む

AGA遺伝子検査で何が分かるの?どんな人におすすめ?

最近、抜け毛が増えてきた。このまま抜け続けたら薄毛になってしまうのでは・・・ といった既に自覚症状がある人だけでなく、今はフサフサとした髪があるのに両親がAGA。 AGAは、100%遺伝するわけではないと分かっていても、自分の将来が不安・・・ など、自身の将来の頭皮について考え、思い悩んでいる方は意外にも多いよう。

ですが、どうです? 昔あったアメリカ映画 Back to the Future のようなタイムスリプが出来ない今、未来のことについては誰もが分からいこと・予想すら立てることはできないですよね。 かといって、結論の出ない悩みを毎日考えていると、逆に、そのことがストレスとなりAGAを引き起こしてしまう原因となる可能性もありキケン。

できることなら、近い将来の自分の頭皮、自分はハゲる可能性があるのか? AGAになる可能性があるのか? を、今から知っておきたいと思いませんか? 

ここではそんな自分がAGAになる可能性を遺伝子から調べられる「AGA遺伝子キット」についてまとめ、紹介していきたいと思います。

遺伝子とは

遺伝子という言葉は多くの方が知っている、もしくは聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。遺伝子とは、簡単に言ってしまうと人間をつくるための設計図。 両親からの遺伝情報を元に作られているもので、遺伝子があることで、それぞれ違う性格や容姿・体型、運動能力といった個性が生まれます。

AGA遺伝子検査とは?

AGA遺伝子検査とは、そんな自分を作っている設計図=遺伝子の配列をチェックすることで、AGAになりやすい配列を持っているか・持っていないかを検査し、将来的にAGAになる可能性がどれくらいあるかを知ることができるというもの。 

検査に最適な時期は?

遺伝子からAGAの可能性を知ることが出来るのなら、既に症状を実感してきている人なら””今スグにでも受けたい!””と思われると思います。ですが、まだ、抜け毛・薄毛で悩まされてない方なら””検査をして結果は知りたいけど、まだまだ先でいいかなぁ””と、このように人それぞれ検査を受けたいと思う時期は異なると思いますが、AGA遺伝子検査に適齢期はあるのでしょうか?

こたえは・・・AGA遺伝子検査に適齢期はありません。

基本的に、遺伝子情報は生まれてから死ぬまで 変わることがないもの。いつ、どんなタイミングで受けたとしても結果に違いはありません。 よって、何か症状を実感し悩みを持った段階で検査しても問題はありません。

ですが、AGAは早期発見・早期治療が大事です。 症状が出てからでは、改善できるものも改善できなくなってしまうことがあります。 もし、今はまだ大丈夫だけど・・・将来的には少し不安だなぁというような方は、なるべくなら早めの検査をオススメします。

検査はドコで出来る?

AGA遺伝子検査は、AGA専門クリニックや自宅で簡単に行うことが出来ます。

検査は何をするの?痛くない?

痛みにめっぽう弱い私がついつい気になってしまうのが、検査方法。 遺伝子の検査ということは、血液を少し抜いたり、大事な髪を1本犠牲にしたりしなくてはいけ無いのではないか?と心配になってしまいますが、安心してください。AGA遺伝子検査では、痛みや髪の犠牲と伴うことは全くありません。

では、どんな方法で検査するのか? それは・・・ クリニック・自宅で行う場合ともに、口内粘膜を採取するだけで検査を行うことが出来ます。 この口内粘膜の採取も、綿棒などで約20回程度 口の中をこすり粘液を採取するだけでOK。 血液を抜くこともなければ、痛みを感じることは一切ありません。

遺伝子検査で何を調べることが出来る?

男性ホルモンに関する遺伝子を検査することで、将来的にAGAを発症しやすい体質かどうかを調べることが出来ます。 また、AGAに効果がある薬””フィナステリド””が効果的に効く体質かどうかも調べることが出来、発症後の治療効果を予測することもこの検査で調べることが出来ます。

検査結果はどれくらいで判明する?

検査結果は、検査をし始めてから約1ヶ月ほどで判明します。

クリニックで検査をした場合は、結果が出次第、クリニックより連絡が貰える所が多く、連絡が来次第、クリニックでの説明を受けに行く必要があるようでう。

自宅で自分で検査をした場合は、口内粘膜採取後 返信封筒にて送ることで後日、結果が判明次第、再び自宅に郵送されてくるそうです。

女性でも検査できる?

AGAの原因は、主に男性ホルモンの働きによって起こるケースが殆んど。 よって女性は、男性よりAGAを発症する割合が低いとされています。ですが、女性でも年齢とともに男性ホルモンの割合が増えることから、AGAを発症してしまうこともあるようです。

そんな場合に備え、女性でもAGA遺伝子検査は出来るようですが、クリニックでの検査ではなく、「AGAドッグ・レディ」というキットで自宅で検査。

この検査キットでは、男性ホルモンの1つアンドロイゲンの影響を受け易い遺伝的体質かどうかを遺伝子レベルで分析・検査し、将来のAGAリスクの予想ができるものです。 女性の場合、限られたものでしか検査をすることは出来ないようですが、心配な方は一度検査してみるのも良いのでは。

AGA遺伝子検査 こんな方に是非オススメ

AGA遺伝子検査は、男性ホルモンに関する遺伝子情報のみの検査となるので、結果が良ければ絶対にAGAになることはないと言い切ることは出来ませんが、

・近い親族がAGAの人ばかりな方
・発毛剤を使用しても効果の実感が得られない方
・最近、抜け毛の量で悩んでいる・気になっている方

このような方は、ぜひ一度AGA遺伝子検査を受けてみてください。 AGAは早期発見、早期治療がとても大事。 早めに治療を行うことで毛の後退を抑制できる確率はグンと上がりますよ。 

悩む前にまず検査。 どうですか?

この記事を読む

女性の薄毛「FAGA」の原因は?症状・治療法について

AGAの原因は男性ホルモンが大きく関係していることから、男性がなるもの!と、一見思われがちですが、それは違います。男性ホルモンは、確かに男性特有の体格や思考回路などを発育させるホルモン。ですがこれらホルモンは、女性の身体でも男性ホルモンは作られますし、その逆に、男性の身体でも女性ホルモンは作られています。

ということは、そうです。女性でも体内に男性ホルモンを持つことからAGAになる可能性があり、女性のAGAは男性のAGA「男性脱毛症」とは呼び名が異なり、女性のAGAは「女性男性型脱毛症」FemaleAGA(FAGA)と呼ばれ、男性のAGAとは区別されています。

FAGAの原因は?

そんな「女性男性型脱毛症」FAGAの主な原因は、卵巣の働きが大きく関係しています。

女性の場合、脳の視床下部で「女性ホルモンを作れ!」と指令が出されることにより、卵巣でエストロゲンとプロゲステロンといった2つの女性ホルモンが作られ、分泌されます。 ですが、この卵巣の働きは、体の他器官と比べても老化現象はやや早くから始まるという特徴を持っており、老化により卵巣の働きが減少することから、新たに作られる女性ホルモンは大きく減少。 老化症状が進んでしまうと、体内では女性ホルモンの働きが男性ホルモンに負けてしまい、女性でも男性のAGAと同じような症状、FAGAを発症しやすくなってしまいます。

FAGAはAGAと何が違う?

FAGAもAGA同様、男性ホルモンによって引き起こされる症状。ということは、FAGAとAGAの症状は全く同じような気もしますが、症状名が区別されていることからも分かる通り、症状は全てがすべて一緒ということはありません。 FAGAとAGAの脱毛パターンは異なります。

男性AGAの場合、生え際や後頭部といった部分から後退していくケースが多くありますが、FAGAはAGAのような局所的に薄くなるパターンは少なく、頭頂部を始めとした頭部全体の髪が少なくなり、更には、毛の1本1本が細くなることから薄毛・FAGAになったと感じるようになるといった方・症状が多いようです。

また、AGAは進行していくと、こめかみ部分より上の頭部全体の髪が全く無くなってしまうケースの方も多くありますが、FAGAは、髪が無くなるといったケースは少なく、どちらかというと全体的に薄く、少なくなるといった症状がほとんど。 どんなにFAGAが進行していっても、女性がツルツル頭になってしまうといったことはまず、無いようです。

FAGAの治療法は?

AGAと症状に違いがあるFAGA。 症状が違うのだから治療方法もAGAとは違うのでしょうか? 答えは、Yes! AGAとFAGAの原因は同じ男性ホルモンによっての影響が大きいものの、治療方法は、症状同様、異なるようですよ。 

男性がAGA治療を行う場合の多くは、ミノキシジルとプロペシアの摂取・服用が一般的な治療方法。 ミノキシジルは、摂取することで頭皮の血行を良くし発毛を促進させる働きがあり、プロペシアは、AGAの原因ともいわれるDHTの生成を抑制させることで より発毛効果を上げることがせきるようになります。

ですが、そんな男性にとって効果的な薬でも、女性が同じようにプロペシアを摂取しても育毛効果を実感することは出来ないそうで、逆に妊娠中の方、特に男児を妊娠中の方がプロペシアを服用すると、お腹の中の赤ちゃん(男児)の生殖器に異常を起こす危険性がありとても危険。 妊娠中の方は特に誤って服用することがないよう気をつけなくてはいけません。

また、プロペシアは、錠剤に触れるだけでも皮膚から体内に有効成分が入ってしまう可能性があります。 たとえ女性本人が服用していなくても、ご家族の中でプロペシアを使用している人がいるのであれば、取り扱いには十分気をつける必要があります。 

このような理由から、FAGAの治療はミノキシジルを服用し、頭皮の血行を促進させることが一番効果が期待できる治療方法。 AGAの治療法とは若干異なります。また、FAGAの場合、卵巣の機能を正常化させ女性ホルモン量を増やすことも治療法の1つとしては効果的な方法です。よって、日々の生活習慣の見直しや栄養バランスを整えることも育毛効果を上げるには大事なことです。 

この記事を読む

AGA有効成分のミノキシジルとプロペシアの効果・副作用

AGAに効果がある有効成分として「ミノキシジル」と「プロペシア」という成分を聞いたことはありませんか? この「ミノキシジル」「プロペシア」は、どちらもAGA治療において欠かすことが出来ない、世界的にも効果が認められている成分。 AGA治療を行っていく上で、とても重要な成分なのです。

そんな2つの両成分の摂取。 これからAGA治療を始めようと思っている方にとっては、自分にはどちらが向いているの? はたまた、両方摂取したほうが良いの? また、それぞれの成分のメリット・デメリットは?など、分からないこと・知らないことが沢山あると思います。

ここでは、そんなみなさんの疑問を解消するために、「ミノキシジル」と「プロペシア」の効果・副作用を含めた、それぞれの特徴について説明していきます。

ミノキシジルについて

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発されていたもの。それが、臨床試験時に患者の体毛が濃くなったことから発毛効果が確認され、以後AGA治療薬として利用されるようになった成分。 AGA治療薬としては、飲んで体内に取り入れる「内服薬」、幹部に塗布する「外用薬」と、大きく分けると2種類に分けられますが、内服薬は副作用のリスクが大きいことから、はじめて利用される方は外用薬(頭皮に直接塗布する)方法から始めることがオススメです。

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジル(外用薬)は、塗布することで頭皮の血管を拡張。 血流を良くすることで、毛の根本(毛根)へ多くの栄養を送りやすくなり、それによって発毛を促進させる働きがある成分です。 

このミノキシジルでの発毛効果は、比較的早い段階で表れてくるケースが多く、治療を始めて約1ヶ月から3ヶ月程で発毛を実感できる・できたという方が多いのが特徴。 逆に言うと、治療を始めて3ヶ月近くたっても効果を実感できない方は、体質的にミノキシジルが合っていない可能性もあるようなので気にして経過を見ることが大事です。

ミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルは、そもそも血管を拡張させ、それによって結果的に発毛効果も実感することが出来る薬。 直接、毛量を増やすといった成分は含まれていないもの。 

よって、摂取した方によっては、血管を拡張させることで、心臓や血管に負担をかけてしまい、血圧が下がることで低血圧の症状が表れてしまう、また、血管の拡張により皮膚の成長が促進され、皮脂の分泌量が増えることで、肌荒れやニキビといった肌トラブルを招いてしまうなどの症状が出る方がいます。 

それ以外にも確認されている副作用として、必要以上に毛が増えてしまう””多毛症””の症状が、腕や足、鬚といった頭部以外の箇所に表れる方もおり、これら多くの副作用症状は、ミノキシジルを内服薬として体内に摂取した際に考えられる副作用症状。 外用薬として利用した際は、このような症状はほとんど見受けられません。

それなら、ミノキシジルは外用薬として使う分には副作用はない?と思いましたが、ミノキシジルを外用薬として利用した際の副作用としては、塗布した箇所の頭皮の痒みや湿疹、炎症といった皮膚トラブルが起こることがあり、内服薬として利用した時と比べ副作用の症状は軽いようですが、若干の症状を感じる方はいるようです。

プロペシアについて

プロペシアとは、アメリカのメルク社が開発したAGA治療薬、商品名のことです。この、プロペシアの有効成分は「フィナステリド」と呼ばれる物質。

フィナステリドは、前立腺の治療薬として元々は開発されていた薬でした。それが臨床試験を繰り返すうちに発毛効果が確認され、現在のAGA治療薬プロペシアとして利用されるまでになりました。

プロペシア(フィナステリド)の効果は?

プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、AGAの原因でもある5αリダクターゼの働きを抑制する作用がある物質。 

還元酵素である5αリダクターゼは、テストステロン(男性ホルモン)と結合することでジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されることにより、薄毛・ハゲを引き起こし促進させる AGAの原因の一つとなるものです。

それをプロペシアの有効成分フィナステリドを摂取することで、5αリダクターゼの働き自体を抑制し、ジヒドロテストステロンの生成をも抑制。その結果、毛乳頭細胞の活動が活発となり、毛を作るようになることでAGAへ大きな効果をもたらします。

プロペシアの副作用は?

プロペシアの副作用には、腹痛、頭痛、下痢、眠気といった、一般の医療薬品でもみられる症状の他に、消化器系の副作用(頻尿、胃部不快感)や、性機能障害’(性欲の低下、勃起不全)が見られるケースが有ります。

このようにいくつかあるプロペシアの副作用の中でも、特に注意しなければいけないのが性機能障害の副作用が出るケース。 この症状は、プロペシアの副作用の中で、最も多く見られる症状の1つ。 

また、プロペシアを長期服用していた場合、性機能低下に気づいた時点でプロペシアの服用を、やめても性機能の低下が解消されなかった・・・という症例も複数報告されているようです。 

もし、プロペシア服用後、少しでも身体の不調を感じることがあった場合、副作用の可能性を考え摂取することを控えるようにしてください。

プロペシアは女性の服用がNG

薄毛やハゲに悩む方は、男性だけでなく女性も一緒。 AGAに高い効果があるものなら、女性だって同じものを服用し効果を得たいと考えると思います。

ですが、プロペシアは女性が服用することはNGです。 特に、妊娠希望の方や、妊娠中の方は、プロペシアの錠剤に触れるだけでも皮膚から体内に有効成分(フィナステリド)が吸収され、胎児に影響を与える可能性があり危険。 間違っても触らないように注意しなければいけません。

プロペシアは未成年もNG

また、プロペシアは未成年の服用も禁止されています。 その理由としては「20歳未満の方でのプロペシア服用は、有効性、安全性が確認されていない」ということがあります。 そもそもプロペシアの臨床実験は、20歳未満へは行われていないため、未成年者のプロペシアの効果、並びに副作用が不明=危険と判断されているようです。

これら、AGA治療において効果が高いミノキシジル、プロペシアの副作用は、いくつかあることが分かりました。ですが、これら副作用は、摂取・塗布した方が必ず発症するといったことはなく、発症する確率は極めて低くいようです。 

副作用があると聞くと、副作用を恐れて使用を控えようと考える方もいると思いますが、そこはあまり神経質にならず、まずは勇気を出してはじめてみることが大事かもしれませんね。

この記事を読む

AGA治療でかかる費用の相場は?保険は適用されるの?

日本人のAGA人口は10人に1人。 男性だけに限って言えば、5人に1人。とも言われるほど多く、現在AGA治療を行っている又は、行う予定だという方も年々増加傾向にあるようです。

そんなAGA治療。 まだ、治療を開始していない方、これから治療を行おうと考え中の方が気になることといえば、AGA治療にかかる費用や、治療費の相場。 また、治療費には保険が適応されるのか?など、お金に関する事ではないでしょうか。 

そこでここでは、AGA治療にかかる費用・相場・保険適応についてをまとめてみましたので、これから治療を開始される方、治療を希望される方は、ぜひ参考にしてみてください。

AGA専門クリニックでの費用相場

AGAにはいくつかの治療方法がありますが、その中の一つに「専門クリニック」での治療があります。こちらでは、AGA専門の医師による診察・治療を受けることができ、治療方法・費用は各クリニックによって異なるものの、概ね治療にかかる費用は、

初期費用として 約20,000円~30,000円
月額費用として 約10,000円~30,000円
治療費の内訳としては、診察料、検査代、処方料、独自治療代など。

AGA専門クリニックでの治療費は、他と比較すると高くなるケースも少なくないようですが、専門医が細かく経過を観察し自分の頭皮環境にあった治療方法で進めてくれるので、効果は大。 安心して任せることが出来る分、高くても気にならないといった意見の方も多いようです。

一般病院での費用の相場

一般病院での治療も、診療する医師がAGA専門医師ではないものの医療機関。医師が診察しAGA治療薬を処方してくれます。そんな一般病院でのAGA治療にかかる費用は、

初期費用として 約10,000円~15,000円
月額費用として 約8,00円~15,000円
治療費の内訳としては、問診・診察料、脱毛を抑制するプロペシア(フィナステリド)の処方料など。

こちらでの治療は、比較的安い治療費で進めていくことが出来ますが、自分の頭皮環境に合わせた治療方法ではなく一般的な治療方法が行われるため、自身に合った方法なのかの判断が難しいといったデメリットが。 また、効果を実感できるまでに時間がかかることもあるようです。

AGAサロンでの費用の相場

AGAサロンは医療機関では無いので、厳密に言うとAGA治療とは言えませんが、大手かつらメーカーや育毛・発毛商品販売メーカーが健康な頭皮環境を保たせ、血行を良くすることで育毛を促しAGA治療を行っているサロン。こちらでかかるAGA治療費用は、

初期費用として 0円~15,000円
月額費用として 約10,000円~30,000円
治療費の内訳としては、頭皮のクリーニングケア・マッサージ、サプリメントの処方など。

先程も言いましたが、こちらは医療機関ではなくAGAサロンのため、医師による診察・治療はありませんが、安くAGA改善のための取り組みができる場所です。 継続して通うことで効果を実感できている方も多くいらっしゃり、比較的安い費用でAGA対策を行いたい方にはオススメです。

AGA治療費は健康保険適用になる?

AGA治療は、お世話になる場所によって治療費も大きく違ってくることは分かりましたが、これらは健康保険対象になるの?健康保険対象になれば、もう少し金額を抑えられるようになるのでは?と考える方もいるかもしれません。

ですが、残念ながら『AGA治療は健康保険適応対象外』 

AGA治療は、全て実費で支払わなくてはいけないものなのです。 ん!? 一般病院で診察を受けた場合でも? っと、出来ることなら少しでも最小限の治療費に抑えたい私は、少し疑問に思ってしまいましたが、一般病院であっても無くても関係なし! AGA治療費は全て健康保険適応外なのが現実。

AGAが健康保険適法にならない理由は?

AGA治療が健康保険適応にならない理由としては、AGAはホルモンバランスの崩れや、細胞にしっかりと必要な栄養分が行き渡らなくなることで起こる進行性の病気の一種ではあるものの、AGAだからといって治療をしないことで、生命に大きな影響を与えることはない。

というこで、AGAは レーシックやインプラントなどのように、自身の容姿を意識して治療を行う美容整形として分類され、健康保険が適応されないようです。

このようなことから 残念ながら、AGA治療に対して健康保険は適応になりませんが、AGAは進行性のもの。これ以上、薄くなりたくない。 既に、頭皮の薄毛で悩んでいるといった方は、なんの対処せず放置してしておいても改善はおろか、毛の後退を抑えることも難しいことです。

AGAは早期治療が大切。 いままでモヤモヤしていたAGA治療費の相場がわかった所で、始めてみませんか。AGA治療。

この記事を読む

AGA専門治療クリニック・一般病院での治療の流れや治療期間の解説

実際に、AGA治療を始めよう!! と、決意しても、治療の流れや治療を始めてからの結果が現れてくるまで、おおよその期間・治療期間を知らないままでは、せっかく勇気を出して始めても 次なる不安や心配がすぐに付きまとってくるということはありませんか。

一言で””AGA治療””と言っても AGA治療が出来る施設は「AGA専門治療クリニック」 「一般病院」 「AGAサロン」 と多きく分けて3つあり、それぞれの治療の流れや治療期間には異なる部分があるようです。

ここでは、そんなAGA治療開始後に不安や心配を抱かないためにも、それぞれの治療の流れから治療期間までをしっかり把握し、安心してAGA治療が開始できるようサポートしていきたいと思います。

AGA専門治療クリニック 治療の流れは?
POINT1
☆ステップ1 治療開始前☆ 無料カウンセリング、無料相談への申し込み

AGA専門クリニックの多くが電話やインターネットなどで気軽に申し込みができる、無料カウンセリング・無料相談の予約を行っています。 

申込に必要となるのは「氏名」「年齢」「性別」「連絡先」「予約希望日」など。クリニックによって若干の違いはありますが、以上の情報を伝えることで簡単に申し込みが可能。 

その後は、決まっ日時に専門のカウンセラーによる無料カウンセリング・無料相談を受けることが出来、自身の頭皮についての悩みや不安などを打ち明けることで、気持ちの上でも楽になれます。

POINT2
☆ステップ2 治療開始前☆ AGA専門医師による診察

AGAの進行状態、頭皮や頭髪の触診・視診だけでなく 身体の健康状態、食生活、生活習慣など、あらゆる面から総合的に判断することで、あなたのAGAの原因を徹底診断。

ここで注意したいのが、診察=治療開始 ではないということ。 専門医師からの診察・診断を受けたからといって必ずこのまま続けてAGA治療を行わなければいけないといったことはありません。 

もし、これからの治療方法や治療にかかる費用について納得できない、又は折り合いがつかないと思われた方は、どのクリニックも この先の診断、治療を断ることができます。 この時点で少しでも迷いや不安があり、それらを払拭できない方は しっかりとその意思表示をし、自身が納得してからAGA治療を始めることをオススメします。

POINT3
☆ステップ3 治療開始前☆ 治療開始前の各種検査

各種検査は治療開始前に行われるクリニックが多く、今後 服用・外用する薬に対して拒否反応が無いか、また 投与することでの身体への問題は無いかを判断するために行われる検査です。

主に、血液検査、血圧検査を行っているクリニックが多く、クリニックの中には希望者のみに遺伝子検査や毛髪ミネラル検査(毛髪の栄養分をチェックする検査)といった追加検査を行うことが出来るクリニックもあるので、それらも希望される方はクリニック選びの際に確認してみてください。 

POINT4
☆ステップ4☆ 治療開始

血液検査や各種検査結果で AGA治療に対しての問題がなかった方は、いよいよここからは本格的にAGA治療が開始されます。 

AGAによる脱毛症状を抑制する働きがあるフィナステリド(プロペシア)の服用薬や、発毛・育毛効果を高めるミノキシジルの外用薬など、処方される治療薬の種類はクリニックによって異なるものの、処方される治療薬の量は、約1ヶ月分。と、こちらはどのクリニックもほぼ同じ。 処方された薬は、必ず医師の指示に従って服用するようにしてください。

POINT5
☆ステップ5☆ 定期的な経過観察

治療開始後は、約1ヶ月から2ヶ月毎に定期的な通院が必要となります。 再診(定期的な通院)時には、治療薬服用後の発毛状況の確認、治療薬による身体への異常がないかなど健康状態の診察も行われます。 そして診察後は、再度 改めて自身に合った治療薬が処方され、この定期的な診察を繰り返しながらAGA治療を進めていきます。

そして AGA専門クリニックの中には、服用・外用薬を用いたAGA治療だけでなく、頭皮に直接 発毛有効成分を注入するHARG治療やメソセラピー、植毛を行っているクリニックもあります。 徐々に発毛させていくのではなく、一気に早く発毛実感を得たい方はこれらの治療方法もオススメします。 

一般病院 治療の流れは?

 

POINT1
☆ステップ1☆ 受付

一般病院で行うAGA治療の流れは、体調を崩し病院を受診する際とほぼ一緒。 最初に、外来受付にて””AGA治療希望””であることを伝えることで、問診票の記入、専門科への案内がされます。

一般病院での受付は、予約が不要。 自身のタイミングで病院の窓口が空いている時間なら受付OK。 気になった時に、いつでも対応してもらうことが可能です。

POINT2
☆ステップ2☆ 診察

医師による診察を行います。 多くの一般病院では、視診を中心とした診察を行い、治療薬を処方。 処方されるAGA治療薬は、プロペシア(フィナステリド)。 診療時間は10分程度と、短時間で診察が完了する病院が多いようです。

POINT3
☆ステップ3☆ 再診

 
基本的に、処方される治療薬は1ヶ月分となるので、再診(通院)は、月に1度程度。 体調に変化がないかなど簡単な確認が口頭でされ、変化がないようなら再び同じ治療薬が処方されます。 再診の場合は、早ければ診察時間は5分程度と、初診時よりさらに早く済みます。

一般病院の中には、AGA治療前や再診時に血液検査を行う場合があるようです。これは、肝機能に障害を持つ方にプロペシア(フィナステリド)の処方は控えたほうがよいためで、もし 直近で血液検査を行っている場合は、その結果を提示すると良いでしょう。

AGAサロン 治療の流れは?
POINT1
☆ステップ1☆ 相談・カウンセリング

AGAサロンでの相談やカウンセリングは、電話やHPからの申し込みが可能。 サロン専属のカウンセラーから、髪の悩みや生活習慣、食生活など あなたについての簡単なヒアリングが行われ、同時にAGA治療施術コースや料金など、これからの流れについての説明を受けることができます。

AGAサロンは医療機関ではありませんが、発毛診断士(民間資格)を取得しているカウンセラーが自身に合った育毛療法を提案してくれるので安心です。 また、サロンの中には低価格or無料で施術の体験ができる「おためしコース」を行っている所もあるので、気になる方は事前にチェックしてから始めてみてください。

POINT2
☆ステップ2☆ 頭皮診断でAGAの原因を分析

マイクロスコープなど、専門の機械を使って頭皮の状態をチェック。チェックしたデータを元に、頭皮診断を行いAGAの原因を分析することで、あなたに合った施術方法が決まります。

この頭皮診断は、来店時毎に行うサロンが多く、自身の発毛状況、毛根密度の変化など 前回と今回とを比較することで、自身も治療効果をしっかり確認することが出来ます。

POINT3
☆ステップ3☆ 施術

施術内容はサロンごとに違いがあるようですが、多くのサロンでは「頭皮の洗浄・クレンジング」「頭皮のマッサージ」「育毛成分の塗布」が行われます。

POINT4
☆ステップ4☆ アフターカウンセリング

施術終了後は、頭皮の状態を再度チェック。 施術前と施術後の違いを自身の目で確認することが出来るようです。 

また、アフターカウンセリングでは これからの日常生活の中で気をつけるべき注意点や、日々の頭皮ケア方法などを教えてもらうことが出来、自分でも注意しながら発毛ケアをしていくことが出来ます。

このように、一言でAGA治療と言っても、治療を行う所によって対応は様々。三者三様です。 自身のライフスタイルにあった所で治療を始めてみましょう。

この記事を読む

▲ページトップに戻る