抜け毛の原因・進行についての解説

額の生え際からの薄毛の原因と進行させないための対策方法は?

額の生え際からの薄毛は、どこの箇所よりも困り者。 額は顔の上にあるだけに、誰からも見られやすく、また 他の部分よりも目立つ箇所です。 そんな額の生え際に、髪の毛があるのか・無いのか、ただそれだけのことで、その人の印象は大きく変わりやすく、場合によっては実年齢よりだいぶ老けて見られることなどもあります。 恐るべし生え際からの薄毛。 ですね。

生え際からの薄毛には2タイプある

そんな生え際から後退していく薄毛。 このタイプの薄毛は大きく分けて2つに分けることが出来ます。

1つめが一般的に「そりこみ」と呼ばれている部分、額の左右の生え際から徐々に後退していく薄毛タイプ。 このタイプは正面から見ると前頭部の髪だけが残るため、薄くなった箇所がアルファベットの「M」に見えることなどから””M字ハゲ””と呼ばれることも。

またそれとは違い2つ目が、額の中央部分(真ん中)から徐々に後退していく薄毛のタイプを””U字ハゲ””と呼ぶことがあり、こちらは剃りこみ部分から薄くなっていくM字型とは異なり、前頭部の全体がアルファベットの「U」のようなくぼみを作りつつ徐々に毛が後退していくことから、そう呼ばれているそうです。

M字型薄毛の特徴は?

一般的に薄毛に悩む男性の中で多いのが「M字型薄毛」。 このM字型薄毛は30代、40代から急激に進行していく方が一番多いようです。ですが、中には10代、20代といった若年層の頃から、しじわりじわりと徐々に毛が後退し・・・ 本人も気付いていないだけで、知らず知らずのうちに薄毛の進行・後退が始まっているといった方も多いようです。 

M字型薄毛の進行が気付きにくい理由としてあるのが、剃りこみ部分の薄毛であること。この部分は髪のセットの仕方によっては、前髪で隠れる・隠せる部分ということもあり、毎日、鏡で見ているはずの自分でさえも気づきにくい箇所。 そのため、ある日、昔の写真と今の写真とを見比べた際などに””あっ!!””と、初めて自分の薄毛に気付く人も多いといった特徴があるようです。 

もしかしたら自分も? と心配の方は、昔の自分と今の自分を見比べてみてください。今まで気づいていなかっただけで後退が始まっているかもしれませんよ。

U字型薄毛の特徴は?

一方、U字型薄毛の特徴としては、残念なことにM字型薄毛よりも進行、毛の後退が早いということがあります。 最近、前頭部の抜け毛が多いな。と感じていたら、数年で額の広さが数センチ広くなったと実感する人がいるほど、アレヨアレヨとしている間に毛が抜け落ち薄くなってしまうようです。 

また、U字型薄毛はM字型薄毛と違って前髪が全体的に少なくなっていくもの。 髪のセット方法でフォローすることが難しく、後退が進んでいくと誰が見ても一目瞭然。 AGAだと分かってしまうといった特徴もあります。

そして、それ以外にもU字型薄毛の場合、後頭部・つむじが薄くなる「O字型ハゲ」と同時に進行していくパターンも多く、前からも後ろからも後退が進むため、より薄毛面積が増え、一気に薄毛・AGAが進行してしまうといった特徴もあるようです。

生え際から薄くなる原因は?

そんな生え際からの薄毛。 薄くなる箇所は若干違っても、「M字型」「U字型」共に、薄くなっていく原因はほぼ一緒のようで、生え際からの薄毛の一番の原因は””遺伝””だそうです。

遺伝!? 遺伝なら、もう、どうすることも出来ないじゃん!! 親の頭を見て諦めることしか出来ない・・・と挫けそうになる方もいると思いますが、これはあくまでも””生え際の薄毛になりやすい人の原因として多いこと””なだけ。100%遺伝によって生え際が薄毛になってしまうわけではありません。 だから安心してください! 逆に、遺伝で薄くなるかも・・・と悩みストレスとなることが薄毛の原因となってしまうこともありますよ。

男性ホルモンも薄毛の原因?

そして、遺伝以外にも生え際から薄くなる原因として考えられるのが「男性ホルモン」 

男性ホルモンは男性が、より男らしくいるためには必要不可欠なホルモン。 男なら当たり前に誰にでもあるもの。そんな男性ホルモンで何故ハゲる? 男性ホルモンがAGAと何の関係があるんだ? と、沢山の質問が飛んできそうですが、実は、AGAと男性ホルモンには大きな関係があるんです!!

厳密に言うと 男性ホルモンの中の一種「テストステロン」が「5αリアクターゼ」(酵素)と結合することにより「デヒドロテストステロン(DHT)」に変化してしまうことが生え際からの薄毛には大きく関係し、薄毛の原因、AGAを引き起こさせ、進行させていってしまうのです。

この「デヒドロテストステロン(DHT)」の脱毛作用は非常に強く、DHTが発毛の司令塔でもある毛乳頭細胞に結合してしまうと、髪を作る為の細胞分裂が減り、毛の成長を抑制。 結果、髪の1本1本は細く弱くなり、抜けやすくもなります。また、抜けた落ちた後は、その後の発毛も起こらない薄毛状態に・・・

これ以上薄毛を進行させないためには?

「デヒドロテストステロン(DHT)」 この存在は薄毛で悩む私達にとって、とても怖い・恐ろしい存在。恐ろしい成分です。 少しでもAGAが進行していかないように、現状維持もしくは予防するためには「デヒドロテストステロン」に変化させないようにすることがとても大事です。 では、どうしたら? どうしたら変化させないようにすることが出来るのでしょうか?

それは、「喫煙」「偏った食事」「ストレス」「生活習慣の乱れ」「遺伝」といった様々な自身の悪習慣を改善すること。 規則正しい食事、生活習慣にしていく!それだけで「デヒドロテストステロン」への変化を大きく減らすことが出来るようになるようです。

ただ、ここで問題なのが「デヒドロテストステロン」に変化させてしまう原因の多くは、今の社会において防ぎたくても防ぎようのないことも多く、特に毎日の仕事でのストレスや仕事による生活習慣の乱れはどんなに改善したくても全てを改善することは難しいこともあります。

「デヒドロテストステロン」抑制に亜鉛とリコピン

では「デヒドロテストステロン」への変化を抑えることは、現実的には無理 難しいなのか・・・そう思い凹んでいる方もいるかもしれませんが、そんな方には、体内で作られてしまった「デヒドロテストステロン」を抑制し減らしてくれる効果のある栄養素””亜鉛””と””リコピン””の摂取がオススメ。 

「喫煙」や「バランスの整った食生活」など、誰でも自分の意志でしっかり見直すことが出来る事に加え””亜鉛”” ””リコピン””をサプリメントなどを使い、毎日欠かさず摂取することで、より「デヒドロテストステロン」は抑制でき、毛の後退に歯止めをかけることも出来るようになれます。

また、亜鉛は体内のあらゆる場所に存在する必須ミネラル成分。 幅広い役割を保つ成分です。そしてリコピンもまた、抗酸化作用に優れた成分。これらの成分を摂取することで、AGA治療・予防としてだけでなく健康的なからだづくりにも効果があり、元気に髪もフサフサで過ごすことも出来るように! 悩む前にまず! 試してみませんか?

この記事を読む

頭頂部・つむじからの薄毛にお悩み方へ

頭頂部・つむじは、自分ではしっかりと確認することが出来ない、見えない箇所。 それだけに、髪の量が少なくなりだした、薄くなりだしたことに気づいていない。 もしくは、今は気付いているが、なかなか気付けなかったというかたも多いのでは。 ふと鏡ごしに頭を下げた際「やばい・・・」とショックを受け、焦った方も多いと思います。

O字ハゲで悩む日本人は多い・・・

そんな自身では気づきにくい頭頂部・つむじの部分の薄毛=O字ハゲについて悩む人は、現在、日本人男性の3人に1人。 そして、この3人に1人という数字は他外国と比べてみてもダントツの多さなのです。 日本人のAGAは、頭頂部・つむじから始まるという方がとても多いようですよ。

そして、何を隠そう そんな私も、実は・・・頭頂部の薄毛に悩む一人。 私の場合、前々から頭頂部の薄毛について自覚はあったのですが、先日、友人から突然投げつけられた言葉 「育毛対策始めてみたら?」でショックを受けたばかり。 まだまだ大丈夫、他人には頭頂部の薄毛の事を気づかれていないだろうと安心していただけに、友人からの遠慮ない、オブラートに包まれることも無い豪速球、デッドボールを受け負傷・・・ 大丈夫だと思っていたのはしっかり見えていない私だけだったようです。

POINT1
頭頂部の薄毛原因 その1

そんな頭頂部・つむじがハゲる原因は、「ストレス」「生活習慣の乱れ」「血行不良」「遺伝」など。 そのなかでもO字ハゲに大きく関係していると考えられているのが「生活習慣の乱れ」と「ストレス」です。

生活習慣の乱れといえば””偏った食生活””、””不摂生””、””短い睡眠時間””などこれらのことは誰でも連想しやすいことですね。 そしてこれら生活の乱れは、忙しく働く社会人であれば防ぎたくても防ぎようのない(改善できない)こと。

ですが、このような生活の乱れは、自身が気付かないうちに身体・精神・心身の疲れを作り、体内に貯めやすく、「生活習慣の乱れと」同じようにハゲる大きな原因とされる「ストレス」をも自然に生み出させてしまう厄介者。 ハゲる原因の負の連鎖を起こすきっかけになることです。 

POINT2
頭頂部の薄毛原因 その2

それ以外にも「頭皮の悪環境」も頭頂部の髪を薄くする原因の一つとしてあります。

例えば、洗髪。 洗髪は、1日の頭皮に付いた汚れを洗い流す目的で毎日行っている方が多いとは思いますが、頭皮環境は加齢とともに乾燥しやすい状態に。 若いころは毎日 洗髪しないとベタつきが気になった方も、加齢とともに今では1日、2日洗わなくても、皮脂のベタつきもなく過ごせるようになったということはありませんか? 

そんな方は、洗髪回数を減らす事が大事。 年令を重ねても若いころと同じペース、または、それ以上に洗髪をしていると頭皮の油分・水分は過剰に失われ、頭皮はひどい乾燥状態に。 水のない砂漠に木が生えないのと一緒で、乾燥状態の頭皮に髪は生えるはずもなく、毛は抜ける一方に。抜けるだけで新しい毛は生えてきません。

また、逆に、洗髪による洗い残し、すすぎ残しも頭皮環境を悪くさせ頭頂部の薄毛の原因となりうることです。 頭皮は思っている以上にデリケート。 優しく・大切に扱ってあげる必要がありますよ。

頭頂部はハゲる前にサインを出している?

そんなデリケートな頭皮は、ハゲ始める前に危険信号、赤サインを出していることは知っていますか? 頭頂部の薄毛・ハゲも、ある日突然、ごっそり毛が抜け落ち無くなるわけではありません。毎日少しずつ、でも確実に本数が少なくなっていくものです。 ””昔は、毛の1本1本にコシがあって太く、黒々していたのに、最近は毛が細くなめらかになったな””と感じている方。 それこそが髪がハゲる前兆、髪からのサインです。

髪が細くなめらかになるということは、毛を作り出す頭皮の働きが弱くなった証拠。 毛は頭皮の働きが弱くなったことで十分な栄養を与えられず、その結果1本1本が細く痩せてしまいます。 もし、他の箇所と比べて明らかに頭頂部の毛が細くなってきたと感じる方は、毛が弱っていく中で一生懸命サインを出しているのだと気付いてあげてください。 毛からのサインに早く気付けるか、気付けないかが、これからのAGA進行具合にも大きな影響を与えることになりますよ。

頭頂部の薄毛に気付いたら・・・

そして最後に、頭頂部からのSOSサインに気付いたら・・・ 気付いた方は、少しでもAGAの進行を遅らせるためにも早めの対策・AGA治療を行うことが大事です。 AGAはもちろん病気ではありませんが、AGA治療を行っている病院・クリニックは全国にたくさんあります。 定評のある病院・クリニックで問診・触診から自身のAGAの原因をしっかり見極めてもらい、自分自身に合ったAGA治療薬をを処方してもらうことが、将来の発毛、予防に繋がります。 

最近、薄毛が気になる。薄くなってきたと感じている方は、なるべく早い段階で治療を始めてみてください。

この記事を読む

抜け毛の原因は生活習慣?ストレス?それとも遺伝?

髪は、長さや色を変えるだけで印象をガラリと変えられるもの。 誰だって初めて会う人・初対面の人には、出来ることなら少しでも好印象を持ってもらいたいですよね。 そういった意味でも髪はとても大事。 

抜け毛の悩みは・・・みんな一緒?

大事だからこそ大切にしたい。大切にしているつもり。 でも・・・それなのに・・・髪の毛は知らず知らずのうち、自分が気づかないうちに抜け、少なくなっていき、目に見えて自分でも気づく頃には ””無い!! 生えてこない!!”” といった緊急事態に陥ることも。 このような髪についての悩みをもつ人に共通している事といえば、「毎日が憂鬱である」、「鏡を見るのが嫌だ」、「人前に出るのも嫌だ」ということではないでしょうか。

””はぁ・・・どうして髪は抜けるんだ・・・ 何が原因なんだ・・・””と、私の心の声が思わず出てしまいましたが、髪の抜け毛に悩む人の多くは、私のような思いや、悩みで鏡で自身の頭を見ては・・・深い溜息をつき・・・悩んでも抜け出せない蟻地獄のような経験をしたことが何度もあるのではないでしょうか。

ここでは、そんな私のような若くして抜け毛が気になりだした方、また抜け毛が多く このままではハゲてしまうのではないか・・・と思い悩んでいる方の悩みが少しでも軽くなることを信じで、抜け毛の原因について見ていこうと思います。

抜け毛と遺伝の関係は?

まず最初に抜け毛の原因としてよく言われるのが「遺伝」 ””ハゲは遺伝する””という言葉を聞いたことがある人も多いはず。 実際、親子で同じような頭皮、頭髪をしている人が私の周りにも数名います。

ハゲは遺伝するということで言われているのが、両親、特に父親が薄毛に悩んでいる人の子供は、また同じように薄毛に悩むということ。 このハゲは本当に遺伝するのか?については他の機会でで詳しく書くとして、結論から先に言ってしまうと””必ずしもハゲは遺伝する””ということでは無いようですよ。

では、なぜハゲは遺伝すると言われているのか。それは、生活を共にしている場合は特に、発毛にとって良くない生活週間や食生活で日々同じように過ごしていることが多く、また食べ物の好き嫌いも似やすいといった共通点から、それら共通点が原因でハゲが遺伝するようにも感じられているかもしれません。 

今まで両親の毛髪量を見て自分も同じようになる日がいつか来るのでは・・・と怯えていた方。安心してください。抜け毛、ハゲは必ずしも遺伝するといったことは無いようですよ。

抜け毛とストレスの関係は?

次に、抜け毛の原因とよく言われるのが「ストレス」 

ストレス社会の今、日々時間に追われる生活をし、仕事や人間関係には悩み、””心穏やかにゆっくり、まったりと一日を過ごす””という、こんな簡単な事が一番難しいく、出来ない時代になっています。 あなたはストレスを抱えていませんか? そんなストレスは免疫力を低下させ「万病の元」と言われることもある様々な面でも厄介者。身体に多くの悪影響をもたらしやすいものです。 

ストレスと抜け毛の関係は、そんなストレスがあることで身体にはあらゆる箇所の不調が出やすくなることや血行不良、皮脂の過剰分泌、睡眠障害などが起こることが原因だと言われ、それらが髪の育成を妨げていることが原因で起こるのではないかとも言われています。 

過度のストレスは、抜け毛だけでなく心身ともに弱らせます。 もし、ストレスを既に感じていられる方、実感している方は特に注意し、少しでもストレスのない生活を送るようにしてください。気分転換は、頭皮、毛の成長・育成のためにも大事ですよ。

抜け毛と生活習慣の関係は?

最後に、「生活習慣」と抜け毛の関係性について。

生活習慣の乱れも抜け毛の原因としてよくあげられる事の1つです。 生活習慣の乱れとは言葉にしてしまうと簡単ですが、言葉に含まれる行動は多くあり・・・ 例えば、昼夜の逆転(体内時計の乱れ)や不眠、また偏った食事や過度のアルコール摂取、タバコも生活習慣の乱れとして考えられ生活習慣という言葉の中には含まれています。 

これら生活習慣の乱れとしてまとめられている行動は、仕事をしている方なら自然とこのような生活リズムになりやすく、自分で注意したくても仕事柄、注意しきれない・・・難しいといった方も多いとは思います。 ですが、これら生活の乱れは身体の不調、ストレスを引き起こしやすい状態・環境を作りやすく、それが原因となり抜け毛の量を増やすことに繋がることからも注意が必要。

また、生活習慣の乱れはホルモンバランスをも崩しやすく、結果、抜け毛だけでなく肌荒れや疲労感を感じやすくなります。 仕事上、生活を改めることが難しい方も自分なりに出来ることから見なおし、抜け毛が少しでも少なくなるよう努力してみましょう。

抜け毛の原因 まとめ

このように、抜け毛の原因はコレ!!っと一つの事で断定できるものではありません。 ですが、自身の抜け毛の原因となっているであろうものは何か。 その原因を知ることは大事。これから先少しでも抜け毛を少なくし、現状維持を希望する方は、なるべく意識して改善することが必要ですね。

この記事を読む

▲ページトップに戻る