女性の薄毛「FAGA」の原因は?症状・治療法について

AGAの原因は男性ホルモンが大きく関係していることから、男性がなるもの!と、一見思われがちですが、それは違います。男性ホルモンは、確かに男性特有の体格や思考回路などを発育させるホルモン。ですがこれらホルモンは、女性の身体でも男性ホルモンは作られますし、その逆に、男性の身体でも女性ホルモンは作られています。

ということは、そうです。女性でも体内に男性ホルモンを持つことからAGAになる可能性があり、女性のAGAは男性のAGA「男性脱毛症」とは呼び名が異なり、女性のAGAは「女性男性型脱毛症」FemaleAGA(FAGA)と呼ばれ、男性のAGAとは区別されています。

FAGAの原因は?

そんな「女性男性型脱毛症」FAGAの主な原因は、卵巣の働きが大きく関係しています。

女性の場合、脳の視床下部で「女性ホルモンを作れ!」と指令が出されることにより、卵巣でエストロゲンとプロゲステロンといった2つの女性ホルモンが作られ、分泌されます。 ですが、この卵巣の働きは、体の他器官と比べても老化現象はやや早くから始まるという特徴を持っており、老化により卵巣の働きが減少することから、新たに作られる女性ホルモンは大きく減少。 老化症状が進んでしまうと、体内では女性ホルモンの働きが男性ホルモンに負けてしまい、女性でも男性のAGAと同じような症状、FAGAを発症しやすくなってしまいます。

FAGAはAGAと何が違う?

FAGAもAGA同様、男性ホルモンによって引き起こされる症状。ということは、FAGAとAGAの症状は全く同じような気もしますが、症状名が区別されていることからも分かる通り、症状は全てがすべて一緒ということはありません。 FAGAとAGAの脱毛パターンは異なります。

男性AGAの場合、生え際や後頭部といった部分から後退していくケースが多くありますが、FAGAはAGAのような局所的に薄くなるパターンは少なく、頭頂部を始めとした頭部全体の髪が少なくなり、更には、毛の1本1本が細くなることから薄毛・FAGAになったと感じるようになるといった方・症状が多いようです。

また、AGAは進行していくと、こめかみ部分より上の頭部全体の髪が全く無くなってしまうケースの方も多くありますが、FAGAは、髪が無くなるといったケースは少なく、どちらかというと全体的に薄く、少なくなるといった症状がほとんど。 どんなにFAGAが進行していっても、女性がツルツル頭になってしまうといったことはまず、無いようです。

FAGAの治療法は?

AGAと症状に違いがあるFAGA。 症状が違うのだから治療方法もAGAとは違うのでしょうか? 答えは、Yes! AGAとFAGAの原因は同じ男性ホルモンによっての影響が大きいものの、治療方法は、症状同様、異なるようですよ。 

男性がAGA治療を行う場合の多くは、ミノキシジルとプロペシアの摂取・服用が一般的な治療方法。 ミノキシジルは、摂取することで頭皮の血行を良くし発毛を促進させる働きがあり、プロペシアは、AGAの原因ともいわれるDHTの生成を抑制させることで より発毛効果を上げることがせきるようになります。

ですが、そんな男性にとって効果的な薬でも、女性が同じようにプロペシアを摂取しても育毛効果を実感することは出来ないそうで、逆に妊娠中の方、特に男児を妊娠中の方がプロペシアを服用すると、お腹の中の赤ちゃん(男児)の生殖器に異常を起こす危険性がありとても危険。 妊娠中の方は特に誤って服用することがないよう気をつけなくてはいけません。

また、プロペシアは、錠剤に触れるだけでも皮膚から体内に有効成分が入ってしまう可能性があります。 たとえ女性本人が服用していなくても、ご家族の中でプロペシアを使用している人がいるのであれば、取り扱いには十分気をつける必要があります。 

このような理由から、FAGAの治療はミノキシジルを服用し、頭皮の血行を促進させることが一番効果が期待できる治療方法。 AGAの治療法とは若干異なります。また、FAGAの場合、卵巣の機能を正常化させ女性ホルモン量を増やすことも治療法の1つとしては効果的な方法です。よって、日々の生活習慣の見直しや栄養バランスを整えることも育毛効果を上げるには大事なことです。 

▲ページトップに戻る