AGA遺伝子検査で何が分かるの?どんな人におすすめ?

最近、抜け毛が増えてきた。このまま抜け続けたら薄毛になってしまうのでは・・・ といった既に自覚症状がある人だけでなく、今はフサフサとした髪があるのに両親がAGA。 AGAは、100%遺伝するわけではないと分かっていても、自分の将来が不安・・・ など、自身の将来の頭皮について考え、思い悩んでいる方は意外にも多いよう。

ですが、どうです? 昔あったアメリカ映画 Back to the Future のようなタイムスリプが出来ない今、未来のことについては誰もが分からいこと・予想すら立てることはできないですよね。 かといって、結論の出ない悩みを毎日考えていると、逆に、そのことがストレスとなりAGAを引き起こしてしまう原因となる可能性もありキケン。

できることなら、近い将来の自分の頭皮、自分はハゲる可能性があるのか? AGAになる可能性があるのか? を、今から知っておきたいと思いませんか? 

ここではそんな自分がAGAになる可能性を遺伝子から調べられる「AGA遺伝子キット」についてまとめ、紹介していきたいと思います。

遺伝子とは

遺伝子という言葉は多くの方が知っている、もしくは聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。遺伝子とは、簡単に言ってしまうと人間をつくるための設計図。 両親からの遺伝情報を元に作られているもので、遺伝子があることで、それぞれ違う性格や容姿・体型、運動能力といった個性が生まれます。

AGA遺伝子検査とは?

AGA遺伝子検査とは、そんな自分を作っている設計図=遺伝子の配列をチェックすることで、AGAになりやすい配列を持っているか・持っていないかを検査し、将来的にAGAになる可能性がどれくらいあるかを知ることができるというもの。 

検査に最適な時期は?

遺伝子からAGAの可能性を知ることが出来るのなら、既に症状を実感してきている人なら””今スグにでも受けたい!””と思われると思います。ですが、まだ、抜け毛・薄毛で悩まされてない方なら””検査をして結果は知りたいけど、まだまだ先でいいかなぁ””と、このように人それぞれ検査を受けたいと思う時期は異なると思いますが、AGA遺伝子検査に適齢期はあるのでしょうか?

こたえは・・・AGA遺伝子検査に適齢期はありません。

基本的に、遺伝子情報は生まれてから死ぬまで 変わることがないもの。いつ、どんなタイミングで受けたとしても結果に違いはありません。 よって、何か症状を実感し悩みを持った段階で検査しても問題はありません。

ですが、AGAは早期発見・早期治療が大事です。 症状が出てからでは、改善できるものも改善できなくなってしまうことがあります。 もし、今はまだ大丈夫だけど・・・将来的には少し不安だなぁというような方は、なるべくなら早めの検査をオススメします。

検査はドコで出来る?

AGA遺伝子検査は、AGA専門クリニックや自宅で簡単に行うことが出来ます。

検査は何をするの?痛くない?

痛みにめっぽう弱い私がついつい気になってしまうのが、検査方法。 遺伝子の検査ということは、血液を少し抜いたり、大事な髪を1本犠牲にしたりしなくてはいけ無いのではないか?と心配になってしまいますが、安心してください。AGA遺伝子検査では、痛みや髪の犠牲と伴うことは全くありません。

では、どんな方法で検査するのか? それは・・・ クリニック・自宅で行う場合ともに、口内粘膜を採取するだけで検査を行うことが出来ます。 この口内粘膜の採取も、綿棒などで約20回程度 口の中をこすり粘液を採取するだけでOK。 血液を抜くこともなければ、痛みを感じることは一切ありません。

遺伝子検査で何を調べることが出来る?

男性ホルモンに関する遺伝子を検査することで、将来的にAGAを発症しやすい体質かどうかを調べることが出来ます。 また、AGAに効果がある薬””フィナステリド””が効果的に効く体質かどうかも調べることが出来、発症後の治療効果を予測することもこの検査で調べることが出来ます。

検査結果はどれくらいで判明する?

検査結果は、検査をし始めてから約1ヶ月ほどで判明します。

クリニックで検査をした場合は、結果が出次第、クリニックより連絡が貰える所が多く、連絡が来次第、クリニックでの説明を受けに行く必要があるようでう。

自宅で自分で検査をした場合は、口内粘膜採取後 返信封筒にて送ることで後日、結果が判明次第、再び自宅に郵送されてくるそうです。

女性でも検査できる?

AGAの原因は、主に男性ホルモンの働きによって起こるケースが殆んど。 よって女性は、男性よりAGAを発症する割合が低いとされています。ですが、女性でも年齢とともに男性ホルモンの割合が増えることから、AGAを発症してしまうこともあるようです。

そんな場合に備え、女性でもAGA遺伝子検査は出来るようですが、クリニックでの検査ではなく、「AGAドッグ・レディ」というキットで自宅で検査。

この検査キットでは、男性ホルモンの1つアンドロイゲンの影響を受け易い遺伝的体質かどうかを遺伝子レベルで分析・検査し、将来のAGAリスクの予想ができるものです。 女性の場合、限られたものでしか検査をすることは出来ないようですが、心配な方は一度検査してみるのも良いのでは。

AGA遺伝子検査 こんな方に是非オススメ

AGA遺伝子検査は、男性ホルモンに関する遺伝子情報のみの検査となるので、結果が良ければ絶対にAGAになることはないと言い切ることは出来ませんが、

・近い親族がAGAの人ばかりな方
・発毛剤を使用しても効果の実感が得られない方
・最近、抜け毛の量で悩んでいる・気になっている方

このような方は、ぜひ一度AGA遺伝子検査を受けてみてください。 AGAは早期発見、早期治療がとても大事。 早めに治療を行うことで毛の後退を抑制できる確率はグンと上がりますよ。 

悩む前にまず検査。 どうですか?

▲ページトップに戻る