AGAは進行する?早期発見・早期治療が大切な理由とは?

最近、妙に抜け毛が多いような気が・・・と、髪の抜け毛が気になりだした方、注意してください。 AGAは一旦、症状が現れ始めるとそのスピードは早く感じられ、何の対策もしていないと、アレヨアレヨというまに毛の後退・薄毛が進んでいってしまうことがありますよ。
 

なんとかしなくては!! と思いながらも、なかなか重い腰を上げられない方のために、ここでは、AGAの早期発見・早期治療がいかに大事なことなのかを解説していきたいと思います。

あなたも、コレを読んで、手遅れになることだけはさけてください。

AGAは進行します!

なぜ、AGAは早期発見・早期治療が大事かって?? 一番の理由は、AGAは進行していくものだから。 

AGAと同じような症状を持つ、抜け毛・薄毛・脱毛の場合でも、その原因が心身的ストレスや、ホルモンバランスの乱れなどであれば、それら抜け毛の原因となるものを排除することで、頭皮にはまた再び元気な髪が生え、抜け毛・薄毛も自然治癒していくことが可能です。

ですがAGAの場合、一旦症状が表れてくると、その後の自然治癒を望むことは難しく、症状は進行していくばかり。 AGAの進行に気付いた後は、どんなにもがいても、一度抜け落ちてしまった頭皮からは、植毛をしないかぎり新しく髪が生えてくるといったことはありません。

AGAの進行は早いの?

そんな、AGAの進行速度は、実は・・・決してそんなに早いものではないんです。 ん!? あれ?? なんだか最初に言っていたことと矛盾してない? と思われた方もいると思いますが、そうなんです。 AGAは、AGAの進行速度だけを見た場合、その速度には個人差があるものの、多くの場合、実はゆっくり進行していくもの。

では、なぜ、進行速度を早く感じる人が多いのか。 
それは、AGA自体の進行速度は元々はゆっくりでも、進行・毛の後退、抜け毛は止まること無く進み・・・自身がAGAだと気付く・自覚する時期には、進行がある程度進んでいるケースが多いから。多くの人の場合、気づくのが遅いからです。

AGA早期発見・早期治療が必要な理由は?

AGAが早期発見・早期治療を重要としている大きな理由の1つとして、育毛にかかる時間もあります。

育毛は、取り組み始めてから効果を感じられるようになるまでにどれくらいの時間が自必要となるか知っていますか? 答えは・・・ 個人差はあるものの、最低でも約3ヶ月は必要だと言われています。 そうです、3ヶ月!! 3ヶ月といえば=1クール、一つの季節が終わる長さです。

春の終わりに気づいたAGA、夏の間はAGAの治療に励み、やっと秋になり始めた頃、治療の効果を少し感じ始めることが出来た・・・ と、数字だけでは分かりにくいものも、季節を使って期間を表すと、効果を実感できるまでの3ヶ月がどれだけ長いかが分かります。
 

まだあります!AGAに早期発見・早期治療が必要なワケ

それ以外にもAGAが早期発見・早期治療が必要な理由としてあるのが、毛根の状態。

植毛や増毛といった、毛根の状態を気にせず行う事ができる施術治療法ならまだ良いのですが、育毛剤や国内で認可されているAGA治療薬、プロペシアやミノキシジルを服用して治療をしていくと決めた場合、これらは毛根自体が死んでしまっていては効果を望むことが出来ず、治療自体ができなくなってしまうケースもあります。

また、AGAに気付いたからといって慌てて治療を開始しても効果を実感できるまでに時間がかかることから、治療をしても暫くの間は抜け毛の量も変化しません。ですがそれがかえって精神的なストレス(治療をしても、抜け毛は減らない・・・治療をしているのに・・・)となり、ストレスによってAGAの進行をより早めてしまう可能性もあります。

と、このように、AGAには早期発見・早期治療が大事な理由がいくつかあります。 最近、抜け毛が多い気がする。頭皮のフケ・痒みが増えたような気がするといった方は要注意、自身のAGAを疑ったほうがよいかもしれません。 

AGAは早期発見・早期治療が大事。 気になる方はスグにチェック・検査するようにしてみてくださいね。

▲ページトップに戻る