抜け毛が気になる方必見!シャンプーの種類・正しい選び方

日頃から抜け毛を気にしている人にとって洗髪行為は悩みの種ではありませんか? どうしてかって? これは私個人の意見にもなりますが、洗髪時は頭皮に刺激を与える行為ということもあり、洗い終わった後の排水口には私の頭皮と決別していった髪が多く絡まり、毎日その抜け毛たちを目にしては深い溜息が出てきてしまいます。

こんな切実なる悩みを抱えている人は、私以外にも多くいると思います。 そんな方はみなさん何か自分で対処していますか? 対処している。対処していく予定。と、抜け毛や薄毛予を既にしている人もそうでない人も一番の予防策といったら育毛剤ではないでしょうか。 

育毛剤を塗布して弱った頭皮を強くし、抜け毛を予防!というのが多くの方が最初に考える一般的な事だとは思いますが、もっと身近に日々の生活の中で予防していくことが出来る方法としてシャンプーも抜け毛・薄毛予防にはとても重要なこと。重要アイテムのひとつだということをご存じですか? 

ここでは、そんな抜け毛・薄毛予防を目的とした目線で選ぶ、正しいシャンプー選びについてまとめてみましょう。

シャンプーの種類

正しいシャンプー選びをするには、まず いま販売されているシャンプーの種類を知ることも大事。シャンプーの種類について、今まで気にしていなかった・知らなかったという方も多いと思いますが、シャンプーには大きく分けて「高級アルコール系シャンプー」「石鹸シャンプ」「アミノ酸シャンプー」3つの種類があります。

POINT1
高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプー 文字からして、とても良質な、お高いアルコール?を配合したシャンプーなのではないかと考えてしまいますが、高級アルコール系シャンプーとは、大手メーカーから販売されている一般的なシャンプー。 普段多くの方が利用しているシャンプーは、おそらくこのタイプのシャンプーだと思われます。

あれ?私が想像していなかった答えが出てきましたが・・・ 高級アルコール系シャンプーの「高級」とは、配合されるアルコールの分子中の炭素量が多いという意味。 決して、良質な お高いといった意味ではありませんよ。 

アルコールは、分子の構造上、ヒドロキシル基と炭素で構成されており、炭素量が多いものを「高級アルコール」、炭素量が少ないものを「低級アルコール」と呼んでいるそうです。

普段、私達が利用しているシャンプーということは、安心出来るシャンプーだと思いがちですが、実は、高級アルコール系シャンプーは洗浄力は高いものの、その分、頭皮への刺激も強く、肌の弱い方やアレルギー体質の方は特に、頭皮の乾燥や炎症を起こしやすく注意が必要なシャンプー。 

また、比較的低価格で販売されている商品が多く、愛用者も一番多いシャンプーですが、石油化合物や合成成分が配合されているという点からも、頭皮の健康を気にしなくてはいけない私達にとっては、あまり良くないおすすめできないシャンプーです。

POINT2
石鹸系シャンプー

石鹸シャンプーとは、文字通り石鹸をベースとして作られたシャンプーで、環境に優しく、天然素材を使っているシャンプーということで自然派志向の方には多く好まれるシャンプーです。

ですが、このシャンプーは洗浄力が非常に強いことから頭皮の皮脂をしっかり洗い流せるという面では良いものの、あまりの洗浄力の高さから乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎の方が使用すると、かえって症状を悪化させてしまう可能性があり、これまたあまりオススメできません。

POINT3
アミノ酸系シャンプー

アミノ酸はタンパク質を構成している成分でもあり、私達人間の身体を構成しているのも、タンパク質。 アミノ酸は身体を構成している成分ということもあり、身体と同じ成分であるアミノ酸を洗浄成分に持つアミノ酸系シャンプーは、肌への刺激も少なく、洗いあがりはしっとりとした なめらかな髪に洗いあがります。 肌の弱い方や敏感肌の方でも安心して利用できるシャンプーです。

ただ、このアミノ酸系シャンプーの弱点は洗浄力の弱さ。 高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーなどと比較した場合、皮脂の洗い残しが気になるとところ。 皮脂分泌が多く、それがAGAの原因の1つとなっている方には汚れ落ちに物足りなさを感じるのとともに、AGAの進行を早めてしまう原因となってしまうかもしれません。

と、このように一言でシャンプーと言っても、その種類は3種類あり、それぞれにはメリット・デメリットがあります。 ここからは、そんなメリット・デメリットを持つシャンプーの正しい選び方について解説していくと・・・

頭皮の洗浄成分を確認

自分に合ったシャンプー選びで一番重要となってくるのが、洗浄成分の確認。 

AGAの原因の一つには、フケ・皮脂の洗い残りによる頭皮環境の汚れがありますが、これらは自分にあったシャンプー選びをしっかり行い、丁寧に洗い上げれば改善できるものです。 洗いあがりスグから、頭皮のベタつきが気になるようでしたら自分には合っていない商品だと思ってください。

頭皮が常に脂っぽい、皮脂が多く分泌されている方は、高級アルコール系シャンプー、石鹸シャンプー。 
逆に、頭皮がべたつくことが少ない方は、アミノ酸系シャンプーがおすすめ。 これらは、あくまでも目安でしかありませんが、シャンプー選びの際のポイントにしてくださいね。

頭皮への刺激の強弱を確認

自分の頭皮は健康で、何を使っても大丈夫! と自身のある方なら、どのタイプのシャンプーを使用しても問題ないとは思いますが、肌がもともと弱い方やアレルギー体質の方は特に刺激の強いシャンプーは避けて選ぶようにしてください。

配合される成分をよく確認して!

シャンプーのパッケージにも食品同様、配合されている成分が記載されています。 成分名だけを見ても何がどんな成分なのか分かる方は少ないと思いますが、これだけは気をつけて確認してほしいという成分が「シリコン」

最近はよく、ノンシリコンシャンプーと商品名や商品名の横に記載してある商品もあるようですが、シリコンは「ジメチコン」や「シクリメチコン」といった表示で記載されているものがほとんど。 

シリコンは、シリコン自体の成分としては決して悪い成分ではないようですが、髪をコーティングする働きがあることから、シャンプーの配合成分として毎日繰り返しシリコン配合シャンプーを使用していると、頭皮の毛穴までもをコーティング。 髪の成長に大きな影響を与えやすくなることや、今まで健康で頭皮環境が良かった方も、髪の毛がベッタリとして乾きにくくなるといったことが起きるようです。

このように、シャンプーにはいろいろな種類と、選び方にもポイントああります。 頭皮環境・状態には個人差があるため、一概に、この種類のこのシャンプーが良いとは言い切ることが出来ませんが、今回の内容を元にこれからのシャンプー選びのポイントにしてみてください。

▲ページトップに戻る