自毛植毛は施術中・施術後に痛みがある?ない?

自毛植毛をしてみたいけど・・・気になりません? 施術の痛み。 おそらく、多くの方が今までに経験したことのない初めての施術に対し、その施術方法やイメージから非常に強い痛みを感じるものなのではないか。と、決めつけてしまっているのではないでしょうか。

私も、自毛植毛の施術は痛いものだと勝手にイメージを膨らませ、痛みを想像してしまい、施術を受けたくても躊躇してしまっている1人。 こんな私のような人はいませんか? 

ここでは、そんな私のように、痛みに怯えてなかなか治療を始めることができなくなっている方に、自毛植毛の痛みの度合いについて知ってもらうことで、ひとりでも多くの方が植毛し、明るく楽しい未来を過ごしてもらえるよう、植毛施術の痛みについて調べてまとめて行きたいと思います。

現在の自毛植毛の主流

現在の自毛植毛の主流といえば、毛包単位での移植を行うFUT(毛包単位植毛)が主流となっています。この方法は、毛を作り出すのに必要な組織でもある毛包を頭皮ごと採取し、移植したい箇所に新たに植え付ける植毛方法。 当然、毛包を採取する際はメスを使って頭皮の一部を切り取る作業が行われます。

施術はやっぱり痛い?

メスを使って、頭皮の一部を切り取る・・・・ 想像しただけで恐ろしいと思ってしまうのは私だけでしょうか。 いや違いますよね、頭皮を切るんですもん。絶対に痛いですよね・・・ 

ですが、安心してください。 もちろん、施術中は痛みを感じないようにどのクリニックでも部分麻酔を打ってくれます。 そして痛みや恐怖を取り除くために多くのクリニックで行ってくれることは部分麻酔だけではなく、鎮痛剤を使って意識を鈍らせ、薬が効いている間の記憶がない状態(軽い睡眠状態)のうちに施術を進行させ終わらせてくれるよう。 起きた時には、植毛施術全てが終わっている状態になるので、施術中の痛みは全く感じること無く終えることが可能です。

どの術法も痛くない?

これら、部分麻酔と鎮痛剤を使用して施術してくれる方法は、メスを使う・使わないに関係なく全ての術式で対応しているクリニックがほとんど。 よって、メスを使わずパンチグラフトで毛包周辺を組織ごと切り離すFUE(くり抜きグラフト採取)法もまた、施術の痛みを感じることなく移植することが可能となるようです。 

でも・・・術後は痛いんじゃ?

施術の痛みは部分麻酔や鎮痛剤によって無くす・抑えられることは分かりましたが、もう一つ気になる痛みといえば、術後の痛み。 術後の痛みは、行った術式にもよって異なるようですが、どの術式も悶えるような痛みが伴うことはまずないようです。

FUT(毛包単位植毛)の術後の痛みは?

FUT法はメスを使って頭皮の一部を切り取り植毛していることもあり、術後は麻酔が切れると少し痛みを感じることや術部が赤く腫れ上がる場合があります。 また、この方法の術式は、切った後の皮膚の縫合の際、頭皮を少し引っ張りながら縫い合わせていく必要が有るため、痛みと共に、頭部の皮膚が突っ張り、引っ張られているような感覚を受ける場合もあります。

ですが、安心してください。 術部も、術後4~5日もすればかさぶたとなり、痛みや頭部のつっぱりを感じることも少なくなります。 また、麻酔が切れたあとに、痛みや頭部のつっぱり感を感じるといった方には、痛み止めの薬も処方されるので安心してください。

FUE(くり抜きグラフト採取)の術後の痛みは?

FUE法は、FUT法と比べても、メスを使わず施術していることから、頭部への傷跡も浅く、術後の痛みを強く感じる方はほとんどいないようです。 ただ、この方法での術式は、頭部に1mm程の米粒状の傷が多数でき、それが術後、2~3日ほどでかさぶたとなってくることから、術部に少し痒みを感じることもあるようです。  ですが、傷跡を1日も早く治すためには、どんなに痒くても絶対にかき破らないように注意してください。

植毛施術の痛みについてのまとめ

このように、植毛の術式は違っても、施術による痛みは局部麻酔や鎮痛剤、痛み止めのくすりなどによって軽減され、ほどんど感じること無く行うことが出来るようです。 少し安心できましたか?

ただ・・・痛みについて、しいて言うのであれば、今まで体験された方の多くが、植毛施術の流れの中で一番痛みを感じる瞬間は、局部麻酔を打つ際が一番強い痛みを感じる瞬間だった。と言っている方もいますので、これは致し方ないこと。我慢する他ありませんが、注射も苦手だという方は、ある程度の覚悟はしておいたほうがいいかもしれませんね。

▲ページトップに戻る