あなたはどっち派?「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違い

薄毛に悩む方の対策方法として「植毛」という髪を増やす方法があることはご存じの方も多いと思います。ですが、この植毛には大きく分けて「人工毛植毛」と「自毛植毛」の2つがあり、この2つのメリット・デメリットについてご存じの方はどれくらいいるでしょうか? ここではそんな「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違いを知り、自身が行うのであればどちらが適しているのか?など考えつつみていきたいと思います。

「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違いは?

「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違いについて簡単に説明すると。 「人工毛植毛」は、合成繊維で作られた人工毛を、増やしたい箇所に新たに植えこむことで髪を増毛させることができる植毛方法。 一方「自毛植毛」は、比較的AGAの進行がない側頭部や後頭部下の自身の髪を採取し、薄く少なくなった箇所に移植することで薄毛対策してく方法のことです。 このように「人工毛植毛」と「自毛植毛」は移植する髪が大きく違い、その違いにはそれぞれのメリット・デメリットが隠れています。

自毛植毛のメリット

自毛植毛のメリットはなんといっても、手術が成功し、毛がしっかりと定着することで再び髪の再生を期待することができるようになることが一番のメリットです。 そして、術後は毛が生着してしまえば面倒なメンテナンス・手間を掛ける必要もなく、最初に受けた手術の費用以外に追加費用が大きくかさむことも少なく、比較的安価な植毛方法だといえます。 そして、自毛植毛が完了した箇所は、植毛をしたとは思えないほど自然な状態でをつくり上げることが出来、周囲に気付かれにくいといったことも自毛植毛の大きなメリット。

そしてそれ以外にも自毛植毛は、自身の毛髪を使って移植するということもあり、安全性は非常に高く、安心して受けることが出来る手術方法の1つ。 昔の医療現場(手術時に縫合するための糸が開発される前まで)は、自身の髪を縫合糸の代わりに使用し手術がされていたと言われています。そんなことからも、自分から採取された同じ細胞の毛髪は、再び移植しても安全だということがいえると思います。

そんな、数多くある自毛植毛のメリットですが、勿論デメリットもあります。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットは、効果を実感できるまでの期間が長いこと。 この方法で植毛を行った場合、移植した髪は定着後、一旦抜け落ち、再び生えてくるのが通常。よって、植毛から半年~1年はしっかりとした効果が実感できない場合がほとんどです。(勇気を出して植毛手術を受けても、効果実感までの時間が長いと、やきもきしてしまいそうですね。)

そしてこちらは術法にもよりますが、メスを使って手術を行う場合などは、頭皮に傷跡が残ることもあり、髪型を坊主など短髪ヘアーにすることで目立ってしまうこともあります。 短い髪型を希望する方にはオススメすることは難しいようです。

人工毛植毛のメリット

人工毛植毛のメリットは、人工毛を移植する増毛方法ということもあり、もともと自身の毛量が少ない方でも行うことが出来る術法の1つ。 また、自身の頭髪に合わせた髪を多量に移植することもできるので、術後は自身のイメージとおりの髪型を作ることが可能です。

また、自毛植毛のように移植する髪を自身の頭皮から採取する必要もないことから、比較的短時間で手術が行なえ、安価で済むといったメリットも。

人工毛植毛のデメリット

人工毛植毛のデメリットは、自毛植毛とは異なり人工毛(異物)を頭皮に移植するということもあり、植えられた毛が定着することはありません。 早い方の場合、術後約1年の間に半分近くの移植された人工毛が抜け落ちてしまい、再度毛量を増やすには、再手術が必要となってきます。

また、移植後は人工毛の状態を保持するためにもメンテナンスや再度 植毛手術を行う必要があります。 このメンテナンス1回にかかる費用は、約数十万円。 メンテナンスが1回だけであれば、植毛の中では比較的安い価格でも、年に1~2回、それを毎年続けていけば・・・ものすごい金額になってしまいます。

そして人工毛植毛は金額の面だけでなく、移植された人工毛が根の部分を残し毛の途中で切れてしまった場合、残った根の部分は炎症を起こし、痒みや赤み・腫れといった症状や、それ以上の症状を引き起こす原因となりうることもあるようなので注意が必要です。

あなはたどっち派?

と、このように「人工毛植毛」「自毛植毛」のメリット、デメリットについてみてきましたが、あなたはどちらが自分にあっていると思われましたか?

人工毛植毛と自毛植毛とでは、同じ植毛だと一言で言っても、全く違うメリット・デメリットがあることがわかります。 自身が植毛を希望する場合は、しっかりと2つの方法を比較し、自分に合った植毛方法で行ってみてください。

▲ページトップに戻る